保健師の役割

保健師の役割とは!?

保健師というのは、病気の予防と健康保持を促す専門職です。法律によると、厚生大臣の免許を受けて保健師の名称を使用し保健指導に当たる者と定義されています。保健師は、公務員採用試験に合格したらなることができます。業務としては、学校や保健所などで、集団検診や健康相談などを行ったりすることです。病気を未然に防ぐということが大前提ですので、病気予防の啓発活動を行うことも重要な仕事の一つです。また、健康の悩みを抱えている人にアドバイスをしたりすることも大切です。こんな多くの業務を一つの職種でこなすことは非常に大変です。

そこで、保健師は担当を区分した職業となっています。保健師は、「行政保健師」・「学校保健師」・「産業保健師」の3つに分けられます。行政保健師の中でも、市町村保健師、保健所保健師に区別されます。市町村保健師は、市町村に属する乳幼児から高齢者までの年齢層を対象とした保険活動を行います。乳幼児健診や妊産婦の家庭訪問、高齢者の定期健診といった幅広い業務内容があります。他にも、障がい者の支援をしたり、介護のサポートなどを行います。健康に関わる問題を啓発したり、保健指導も積極的に行います。

保健所保健師は、市町村保健師と違うところは対象となる人物が限定されるという点です。病気に対する予防の専門的知識を要する業務になります。基本的に、障がい者や患者などを対象とした仕事を中心に行います。病気を未然に防ぐ公衆衛生業務といった仕事内容になります。インフルエンザやノロウイルスといった感染症の情報をつかみ、予防策を対象に伝えるのも仕事になります。産業保健師は、企業で働く労働者の健康管理・健康の保持増進を目的とした仕事になります。労働におけるうつや自殺などの予防といった心理的側面におけるカウンセラーを行うことも大きな仕事です。生活習慣病における予防対策を労働者に伝える啓発活動も積極的に行います。

学校保健師は、大学等に通う学生や勤務する教職員の健康の保持増進を目的とした仕事になります。養護教諭と保健師を混同しがちですが、保有している免許が違います。養護教諭というのは、保健師の免許と教員免許が必要です。保健師というのは、保健師の免許だけで教員免許は必要ないのです。養護教諭というのは、教員の一部と考えると違いに納得です。学校保健師というのは、学校現場を対象とした保険活動を行います。学生特有の悩みに関する適切なアドバイスをしたり、学校で増えている病気などをサーチして拡大を予防することなどを仕事として行います。人の健康を守っていく保健師は責務もありますが、やりがいのある仕事です。

保健師求人をお探しならコチラのサイトで!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
公式サイト 詳細・申し込みはコチラ
ナースフル公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
公式サイト 詳細・申し込みはコチラ
ナース人材バンク公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申し込みはコチラ
マイナビ看護師公式サイトへ