看護師から保健師へ転職する

看護師から保健師へ転職するなら!

看護師と保健師は、どちらも病気に関わる仕事をすることに違いありません。しかし、明確に名前が分けられているため、職務は違います。二つの違いを紹介します。看護師というのは、病気や怪我人を看護する仕事をする人のことを言います。一方、保健師というのは、病気や怪我を前もって予防するための健康保持増進活動をする人のことを言います。治療や療養者の世話をするのが看護師で、健康の保持増進や病気の予防をするのが保健師です。

どちらの職業も、国家試験に合格して初めて取得できる資格です。看護師の場合、看護師国家試験に合格した人がなることができます。保健師の場合、看護師国家試験と保健師国家試験に合格した人がなることができます。看護師のキャリアアップが保健師といっても過言ではありません。保健師には、産業保健師や行政保健師や学校保健師があります。産業保健師というのは、一般的な企業の保健師です。企業に勤める労働者の健康保持増進活動を主に行います。

行政保健師というのは、市町村保健師と保健所保健師に分類されます。市町村保健師の場合、市町村全体に住む人を対象にした健康保持増進活動を行います。保健所保健師の場合、保健所にいる人(主に障がい者や患者)を対象にした健康保持増進活動を行います。学校保健師の場合、学校にいる生徒・先生を対象にした健康保持増進活動を行います。保健師といっても、対象となる人が違うことで、仕事内容も大きく違います。

看護師から保健師へ転職するメリットとしては、キャリアアップをはかれることです。保健師は、職種の間口が多くいため、求人数で困ることはありません。また、休日や夜勤がないことも大きなメリットです。看護師のときは、休日出勤や夜勤というのがあるのが常ですが、保健師は、行政保健師と学校保健師の場合、公務員扱いになりますから、休日出勤や夜勤はありません。産業保健師の場合も、労働基準法に準拠して休日出勤や夜勤は少ないのです。保健師は、決まった仕事ではなく、状況や対象にあった仕事を行うので、やりがいを実感します。また、人脈も広げることができるというメリットもあります。もちろん、転職の際も保健師資格があるだけで採用率も大幅にアップします。看護師から保健師への転職ならば、転職サイトを利用すると効果的です。転職サイトに登録をしておけば、コンサルタントが自分の代わりに保健師求人を探してくれます。面接のアドバイスや不安を聞いてくれるので、前向きな転職活動を行うことができます。保健師はただでさえ競争率が激しい職種です。転職サイトを有効活用するに越したことはありません。

保健師求人探しならコチラで!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
公式サイト 詳細・申し込みはコチラ
ナースフル公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
公式サイト 詳細・申し込みはコチラ
ナース人材バンク公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申し込みはコチラ
マイナビ看護師公式サイトへ